ユーティリティカートの作り方 | 家の修繕 | ja.wollereyblog.com

ユーティリティカートの作り方



このビデオでは、ゼネコンの請負業者であるTom Silvaが、1枚の合板をホールドオールで簡単に巻けるカートに変えました。

ステップ:
1.丸鋸を使用して合板部品を所定のサイズに切断します。まっすぐなカットを確実にするために直定規ガイド​​を採用してください。
2.マイターのこぎりで足を横に切る。 4本の脚アセンブリそれぞれに2枚の合板が必要です。
3.コードレスドリルとポケット穴ジグを使用して、脚にポケットネジ穴を開けます。
4.脚アセンブリに糊を付けてから、コードレス仕上げ用釘打ち機と1 1/2インチの釘で接着します。
5.ポケットネジを使用して各脚部アセンブリを固定します。
6.上下の棚の下側にポケットネジ穴を開けます。穴は約4インチ離してください。
7.接着剤と仕上げ釘打ち機を使用して、脚を一番下の棚に取り付けます。
8.側面を一番下の棚に接着して釘付けします。
9.下部の棚を脚と側面にポケットネジで固定します。
10.合板の3/4インチ四方の補強ストリップを各脚アセンブリの内側の角に接着して釘付けします。
11.バックレールをカートフレームに固定してから、一番上のシェルフに固定します。
12.ハンドルの中心を表すように釘を上側の部品に打ち込みます。
13.ルータに直径1/2インチのストレートカッティングビットを取り付けます。ルーターを釘に向かって回転させて、上側の部品の端に丸みを帯びた形状に切り込みます。
14.ドリルと直径1インチのスペードビットを使用して、深さ1/4インチのハンドル穴を各上側部品に開けます。反対側のサイドピースを丸くしてドリルすることを繰り返します。
15.ハンドルを直径1インチの広葉樹ダボの長さに切り取ります。上側の部品の間と¼インチの深さの穴にハンドルを置きます。
16.最初に仕上げ用釘打ち機で、次にポケットネジで上側の部品をカートに固定します。
17.各キャスターを取り付けるには、一番下のシェルフに直径4 mmの穴をあけて、直径5/16インチx長さ1 1/2インチのキャリッジボルトを取り付けます。
18.キャスターをボルトで固定し、2つの回転キャスターをカートの前面に、2つの固定キャスターをカートの後部に配置します。

前の記事

たった439ドルのバスリフォーム

次の記事

庭のけがを防ぐ方法