ポーチレールの作り方 | 家の修繕 | ja.wollereyblog.com

ポーチレールの作り方



このビデオでは、ゼネコンの請負業者Tom Silvaが完璧にフィットする手すりを製作しています。

ステップ:
1.ポーチポストに36インチの手すり高さを測定して印を付けます。
2. 2本のスライド式測定棒を使ってポーチポスト間の距離を決めます。
3.測定棒を杉の手すりに置き、支柱間の距離を手すりに移します。
4.プロファイルゲージを使用して、ポーチポストの丸みを帯びた形状をとらえます。ゲージを手すりの上に置き、丸みを帯びた形状を手すりの上になぞります。レールの反対側の端についても繰り返します。
5.ジグソーパズルで手すりを所定の長さに切ります。同じボトムレールを作るために繰り返します。
6.テーブルソーを使用して、2×4のスギから厚さ6インチ×幅1.5インチのネイルストリップを切り取ります。
7.手すり、ボトムレール、手すり子、釘など、手すりシステムのすべての部分を染色します。
8.レール部分を平らな面に配置します。伸縮性のあるバンディングの長いストリップを取り、その長さに沿って2インチごとに線を引きます。
9.釘の帯を手すり子の端に当て、次に手すりの線が中央で弦の端から端まで4インチ未満になるまで手すりを横切ってバンドを引き伸ばします。
10.紐から釘の上に線を移します。手すり子を線に合わせます。
11.空気式ステープラーを使用して、ネイルストリップを手すりの端に固定します。
12.長さ2インチのセラミックコーティングネジを使用して、釘ストリップを手すりにしっかりと固定します。各2x2バラストの両端に1本ずつネジを締めます。
13.ポーチの支柱の間に下部レールを取り付けて、長さ3インチのセラミックコーティングネジで固定します。
14.手すり子アセンブリを下部レールの上に置きます。
15.支柱の間に上部の手すりを取り付けて、長さ3インチのセラミックコーティングネジで固定します。
16.手すり子アセンブリをボトムレールとトップレールに固定します。

前の記事

たった439ドルのバスリフォーム

次の記事

庭のけがを防ぐ方法