コンクリート座り壁の作り方 | 家の修繕 | ja.wollereyblog.com

コンクリート座り壁の作り方



このハウツービデオでは、 Hまで 上級技術編集者Mark Powersが、裏庭の追加席として二重の役割を果たすコンクリートブロックガーデンボーダーの作り方を示します。

ステップ:
1.壁の幅と形をレイアウトします。ランの各端に石を置き、次に石の側面の周りに少なくとも1インチ杭を打ち込み、溝の幅をマークします。
2.ステークの間に平らなメイソンの線を結びます。トレンチを掘るときに測定ガイドとして使用します。掘るときに邪魔にならないように線を移動しやすくするために、各杭の切り込みにひもを引っかけます。
3.あなたが暗い表土を通り過ぎて、より軽い地盤に達するまで掘る。ただし、6インチ以上。メイソンのラインを測ってトレンチの底を平らにします。あなたの地面がすべての溝で傾斜している場合は、他の箇所よりもある箇所で深くなります。
4.砕石と石粉を混ぜ合わせたものを敷き詰める。 3インチの層でそれを下げなさい。
5.溝の最も浅い部分が、1ブロックの半分の高さに1インチを足すのに十分な深さになるまで、溝を埋めます。
6.舗装ベースの上に1インチの石粉を広げます。
7.最初の石を溝の最も浅い場所に置きます。水平方向、前面方向、背面方向、およびコーナー間の水平度を確認します。それを設定するためにゴム槌で石をタップします。
8.次の石を最初の石に突き合わせて真下に落として置きます。このようにして各石をセットし、レベルを確認して所定の位置にタップします。
9.最初のコースが終了したら、石の周りに余分なスペースを石のほこりや汚れで埋め戻します。
10.ハーフブロックで2番目のコースを開始して、ジョイントをずらします。
11.石工の彫刻刀でブロックにスコアを付けてから、スコアラインに細い溝を作ります。
12.ノミで石を割って、レンガハンマーの爪の端で端をきれいにします。
13.最初のコースに沿って石積み工事用接着剤のビードを置き、次にブロックの2番目のコースを置きます。
14.さらに2コースを重ねるか、壁の高さが18インチになり、他のコースが1つ置きになるまで、ジョイントをずらします。垂直になっているブロックを接着することによって壁を覆います。
15.接着剤を一日硬化させます。

 

前の記事

承認済みのムービングハック

次の記事

芝生ケアのスケジュール